医療のしくみの変化と治る認識のギャップ

入院医療費の削減のために国はコストのかかる急性期病院を減らすとともに、リハビリなどほかの機能を持った病院への転換を進めています。
医療のしくみの変化により病院と患者との間には治るということに関して認識のギャップも生じてきています。
まだ、治っていないのに退院させられたという声はその典型です。
多くの人々にとって、治るとは入院前の状態に戻るというイメージがありますが、急性期病院をはじめ、今の制度では難しくなっています。
急性期では治るは専門的な治療が終了し病状が落ち着いた状態を意味します。
しかし、患者やその家族からすれば、完全ではない状態での退院、ましてや自宅に戻ることには不安があり、病院側はどこまで治療を行うのかを理解してもらい、患者、家族ともに早くから退院後の生活の準備を進める支援が必要です。
回復期リハビリ病院などは地域によって不足していることもあるので、後方病院の空き待ちで入院がのびることもあります。
そのため、早くから後方病院と調整を進める必要があります。

介護サービスのご相談
難病や在宅医療を必要としている方も一度ご相談ください

働いた後のリフレッシュにも

GLITTER式マッサージとは?

矯正治療なら

スムーズな歯科治療
希望の日時で診察いたします

menu

更新情報

退院に関わる患者とその家族の医療支援は、退院調整または退院支援といわれています。
退院支援は課

入院医療における退院調整の対象者とは

退院調整は退院に関して困難な状況にある患者をピックアップしていくことからはじまります。
入院医

医療現場の退院調整はどんな流れで行われるか

患者やその家族に退院後にどこで療養をしたいのかの意向を確認し、そのあたりの課題や対策を示した上で、自

退院後に必要な医療・介護サービスの調整

退院調整のプロセスでケアマネなど介護関係者と医療スタッフとの連携が必要な場面は少なくありません。医療スタッフとケアマネとの協働体制を築く

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

医療のしくみの変化と治る認識のギャップ